DVDをiMovieにインポートする方法

iMovieはiLifeシリーズの一部として、Macと他のアップルデバイスユーザがホームビデオを編集する独自なビデオ編集アプリケーションです。その強力なツールにより、ムービーをウェブサイトに追加し、YouTubeでそれらを公開し、いくつかの手順でiPod、iPhoneとApple TVのためのバージョンを作成できます。MPEG-2、AVCHD、DV-Standard、HDV (High Definition Video)、QuickTime Movies 、 MPEG-4などをサポートできます。DVDがその範囲外なので、DVDをiMovieにインポートする前に、それをiMovieに対応する形式に変換するためのツールは必要です。

AnyMP4 DVD リッピング for MacはDVDをiMovieに高速且つ高品質にインポートする最高なソフトです。強力な変換機能の他に、編集機能も搭載されています。ビデオの長さのトリム、ビデオフレームのクロップ、ビデオ内のテキスト・画像の透かしの追加、複数のクリップを一つにマージすることなど。以下は、そのソフトにより、DVDをiMovieにインポートする方法を具体的に紹介します。

ステップ 1:プログラムを無料ダウンロードし、起動

プログラムを無料ダウンロードします。そのプロセス中、ソフトの保存先の場所を選択できます。Macでそれをインストールした後、そのプログラムをダブルクリックして、メーンインタフェースが見えます。

インターフェース

ステップ 2:DVDビデオをロードし、出力フォーマットを設定

「DVDビデオをロード」ボタンをクリックし、そのプログラムにDVDをロードします。その後、「プロフィール」ドロップダウンリストの矢印をクリックし、ドロップダウンリストが見え、「iMovieとファイナルカット表現」の列からアップル中間コーデック(AIC)(*.MOV)」を選択します。

ステップ 3:ビデオ効果を編集

その素敵なソフトにより、ビデオ効果を設定できます。ツールバーにある「効果」ボタンを気リックし、「編集」ウィンドウをオープンします。ご必要によって、明るさ、コントラスト、彩度、色相とボリュームを調整できます。対応するボックスで、スライドバーのドラッグによって、効果を変更できます。

編集

ステップ 4:出力設定を定義

その汎用性の高いソフトウェアにより、出力設定を定義できます。ビデオ設定の場合、ビデオエンコーダー、ビットレート、解像度、フレームレート、アスペクト比を設定できます。オディーオの場合、オーディオエンコーダー、ビットレート、サンプルレート、チャンネルなど色々な出力設定を定義できます。それらのパラメータの設定によって、よりよいビデオを取得できます。

プロフィール

ステップ 5:DVDをiMovieにインポート

その後、DVDビデオをiMovieに対応する形式に変換します。先進加速技術によって、その変換プロセスは数秒しかかかりません。その他に、複数のDVDタイトル・チャプターを一回だけで変換できます。