AnyMP4 iPhone ロック解除 iPhone ロック解除

AnyMP4 iPhone ロック解除を使ってiPhoneの画面パスコードを消去しましょう!

96,330 ユーザーはダウンロード

「実用」iPhoneの機能制限パスコードを忘れた時の対処法

Author筆者: 佐伯 哲男 / Sept 16, 2021 / カテゴリ iOS ロック解除

iPhoneの「機能制限」とは、iPhoneの機能の一部を利用できないように制限をかける機能ということです。この機能により、他のユーザーがアプリでの課金、子供にふさわしくないコンテンツの視聴やダウンロードができないようにするなどのことができます。自分で設定したパスコードを入力すれば解除できるが、たまたまそれを忘れて困っていることもあります。このページは、iPhoneの機能制限パスコードを忘れた時の対処法をご紹介したいと思います。

機能制限パスコード 解除

機能制限パスコード 解除

機能制限パスコードを解除ツール

AnyMP4 iPhone ロック解除っていうソフトはプロなiPhoneロック解除ツールです。このソフトにより、忘れたiPhoneの機能制限パスコードを簡単かつ効率的に解除できます。ソフトには「パスコード解除」、「Apple ID消去」と「スクリーンタイムパスコード解除」という三つのモードがあり、ロックされている、無効になった、壊れた画面の画面パスワードの解除はサポートできます。このソフトを使って、iPhoneの機能制限パスコードを解除する手順は下記のようです。

無料体験

Security安全性確認済み

無料体験

Security安全性確認済み

Step 1

iPhone ロック解除を起動

上記の無料ダウンロードのボタンを使って、このソフトをダウンロードしインストールして、起動します。メイン画面で三つの機能が表示され、ここでは「スクリーン タイム」機能を選択します。

iPhone ロック解除を起動

iPhone ロック解除を起動

Step 2

iPhoneとパソコンに接続

USBケーブル経由でiPhoneスマホとパソコンに接続します。

Step 3

機能制限パスコードを削除

接続できたら、まず画面で表示されたヒントを読んでください。この機能は「iPhoneを探す」設定がオフの場合のみ有効です。問題がなければ、「スタート」ボタンをクリックすることでiPhone機能制限パスコードを解除します。

機能制限パスコードを削除

機能制限パスコードを削除

ここまでは操作完了です。このiPhone ロック解除ソフトは機能制限パスコードを解除できるだけでなく、画面パスコード消去やApple ID削除などもできます。必要があるなら、お試しください。

iTunesで制限パスコードを解除

iTunesを使って復元する場合の問題点は、機能制限を設定してからのデータを復元しても、機能制限された状態だということです。そうしたらせっかく復元をしても意味がありません。そのため、ここで紹介した対策は機能制限前にとったバックアップデータの復元です。

次は、操作手順を簡単に説明します。

    1.USBケーブル経由でiPhoneとパソコンを接続したら、iTunesを起動します。

    2.それから、画面左上にあるiPhoneのマークをタップして、「バックアップを復元」をクリックします。

    3.制限をかける前にとったバックアップデータを選択し、「復元」をクリックします。

iTunesで制限パスコードを解除

iTunesで制限パスコードを解除

ご注意:機能制限パスコードをいつ設定したのか把握していないと、どの時点のバックアップデータを復元すれば良いのか分からなければ、この方法は意味がありません。

iPhoneを強制的に初期化する

普通は、iPhoneの「設定」を開いて、「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順に進めば簡単にiPhoneの初期化できますが、この手順で操作すると、機能制限パスコードの入力を求められるので、そのパスコードを忘れた時はこの方法で初期化できません。そのため、最終手段として、リカバリモードやDFUモードに切り替えて強制的に初期化する必要があります。

ここでは、リカバリモードの起動する方法を例として説明します。機種によって操作手順が多少違うかもしれないので、ご注意ください。

    1.まずは、iPhoneとパソコンをケーブルで接続してください。

    2.もしiTunesを開いている場合は、iTunesを一旦閉じてから再度起動します。

    3.iPhoneの音量の「-」ボタンとサイドボタンを同時に長押ししてください。

    4.最後は、Appleのロゴが画面に表示されたら、両方のボタンから指を離します。

リカバリモードを成功に起動したら、「iPhoneを復元」>「復元とアップデート」をクリックし、画面の指示にしたがって操作するだけでオッケーです。

結論

以上は、iPhoneの機能制限パスコードを忘れた時の対処方法の紹介でした。一番使いやすいのはやはりAnyMP4 iPhone ロック解除だと感じます。機能制限パスコードなどを忘れてしまうと、iPhoneが使えなくなってしまう恐れのあるので、必ず大切にメモを残す方がいいですね。もしうっかりして忘れたら、上記の方法をご活用ください。

よくある質問(FAQ)

問題 1:機能制限パスコードを何回か間違って入力するとiPhoneが使えなくなりますか?
答え 1:機能制限パスコードの入力には回数制限はありません。何回間違って入力しても、iPhoneのデータが消去されたり、iPhone本体がロックして使えなくなるようなことはありません。しかし、誤入力したら、次回入力できるまで経過時間がどんどん増えてきます。
問題 2:機能制限を解除する裏ワザがありますか?
答え 2:残念ですが、機能制限を解除する場合は、初期設定で登録したパスコードの入力が必要です。だから、機能制限を解除する裏ワザがありません。どうしても解除したいなら、iPhoneの初期化をしなければなりません。
問題 3:機能制限パスワードはロック解除のためのパスコードとはどこが違いますか?
答え 3:機能制限パスワードを設定しておけば、他のユーザーがiTunesやApp Storeで購入したり、お子さんに渡しているiPhoneで有害なコンテンツの視聴を制限したり、アプリのインストールすることを防止するなど特定の機能のみ制限することが可能です。
Video DownloadAnyMP4 iPhone ロック解除
  • 4桁/6桁のパスコード、Face IDやTouch IDに対応し、簡単にiOSデバイスのロックを解除できる
  • 忘れてしまったApple IDを削除し、新しいApple IDを作成できる
  • データ損失なしでiPhone、iPadのスクリーンタイムパスコードを削除可能
無料体験

Security安全性確認済み

無料体験

Security安全性確認済み

見事

評価: 4.9 / 5 (合計376人評価)

推薦文章

ブルーレイ オーサリングソフト
すすめのブルーレイオーサリングソフト【5選】

本記事では、大好評のブルーレイオーサリングソフトをいくつかをご紹介しましょう。最後まで読んで、おニーズに一番相応するのを選んでください。

DVDStyler エラー
DVDStylerがエラーでDVDの書き込みに失敗してしまった時の対処法

本文では、DVDStylerの使い方、DVDStylerエラーで書き込み失敗になった時の対処法を詳しくご紹介いたしましょう。

DVD 書き込み 容量オーバー
容量オーバーでDVDに書き込めない時の対策

この記事は、DVDの書き込みが容量オーバーでできないときの対処法をご紹介しましょう。必要なら、最後までご参考ください。

DVDFab DVD 作成
DVDFabで動画ファイルをDVDに作成する方法

また、DVDfab で DVD を作成できないことがありますので、DVDFab の代わりソフトをご紹介いたします。

iPhone ロック解除iPhone ロック解除
AnyMP4 ロゴ

ホーム | 会社情報 | プライバシーポリシー | お問い合わせ

Copyright © 2005-2022 AnyMP4 Studio. All rights reserved.