PCで表示されている動画、ゲームの録画に対応! スクリーンレコーダー

AnyMP4 スクリーンレコーダーを使ってデスクトップなどを録画保存しよう!

912,206 ユーザーはダウンロード

キャプチャーボードの失敗しない選び方とおすすめ

Author筆者: 浅川 美也 / Jul 10, 2020 / カテゴリ 動画録画

キャプチャーボードとは、繋いだ機器の映像を録画・配信できる機器のことです。キャプチャーボードを使えば、PS3やPS4、Switchなどのゲーム機の画面をパソコン画面に映して、ゲーム実況を録画したり、ライブ配信したりすることができます。

で、数多くのキャプチャーボードの中に、どれを選ぶか困らせますね。この記事では、キャプチャーボードの失敗しない選び方及びおすすめのキャプチャーボードをまとめてご紹介いたしましょう。

キャプチャーボード

キャプチャーボード

キャプチャーボードの失敗しない選び方

キャプチャーボードを選ぶ時、パソコンに取り付ける方式やエンコード方式、対応解像度などの要素を考えなければならないです。

1、パソコンに取り付ける方式

パソコンに取り付ける方法によって、キャプチャーボードは外付け型と内蔵型の2種類があります。

外付型:USBケーブルでPCと接続するキャプチャーボードで、ノートPCやデスクトップPC、液晶一体型PCなどに対応できます。

内蔵型:PC内部のPCI Expressスロットに取り付けるキャプチャーボードで、デスクトップPCのみに対応できます。

2、エンコード方式

エンコード方式から考えると、キャプチャーボードはソフトウェアエンコードとハードウェアエンコードの2種類に分けられます。

ソフトウェアエンコード:ソフトウェアエンコードのキャプチャーボードでは、ゲーム機などの機器画面をパソコンに映して、パソコン側で画面映像を処理し、動画として保存しますので、PCにかかる負荷が大きいです。でも、遅延が小さいメリットを持っています。

ハードウェアエンコード:ハードウェアエンコードのキャプチャーでは、ゲーム機器の映像をキャプチャーボード側で処理してからパソコンに送って、動画として保存するため、PCにかかる負荷が小さいです。一方、遅延が大きいです。

3、接続端子

キャプチャーボードをゲーム機器と接続する時、接続端子も確認する必要があります。例えば、外付け型のキャプチャーボードを使用する時、USB3.0で接続するキャプチャーボードをUSB2.0のPCに接続しても動作ができません。

USB3.0:PC画面への出力は低遅延が特徴ですが、PC環境によって動作が安定しない場合があります。

USB2.0:取り扱いやすいタイプで、動作が安定します。

4、パススルー出力の有無

キャプチャーボードを使うと、ゲーム機器の画面をPC画面に映す時、遅延が発生します。キャプチャーボードにパススルーという映像出力機能が搭載されたら、遅延を回避することに役たちます。そのため、遅延なしにキャプチャーボード経由でゲーム機などの画面をPC画面に映すために、パススルー出力機能が備わるキャプチャーボードが必要です。

5、対応解像度

現時点、PS4やSwitchなどのゲーム機は1080p/60fpsの解像度に対応できます。そのため、PS4やSwitchのゲーム画面をキャプチャーボード経由でパソコンに出力する時、解像度が1080p/60fps対応の製品を使用するほうが一番よいです。でなければ、出力された映像の画質が劣化してしまい、視聴感覚がよくなくなります。幸いなことに、現在殆どのHDMIキャプチャーボードは1080p/60fps解像度に対応できます。

人気のキャプチャーボード おすすめ

以上からわかるように、キャプチャーボードを選ぶ時、その接続対応や接続端子、エンコード方式、対応できる解像度、遅延を回避するパススルー出力機能などの要素を考える必要がありますね。もちろん、他に、キャプチャーボードの値段、対応する機器も無視できません。では、人気の高いキャプチャーボードをおすすめしましょう。

おすすめの外付け型キャプチャーボード

まずは、USBでパソコンと接続する外付け型のキャプチャーボードをおすすめしましょう。

1、AVerMedia:Live Gamer EXTREME - GC550

Live Gamer EXTREME - GC550はPS4、Xbox One、Switchなどのゲーム機に対応した、ゲームの録画、配信用キャプチャーボードです。

キャプチャーボードの価格:26,378円

対応解像度:1080p/60fps

PC接続:USB 3.0

パススルー出力の有無:あり

エンコード方式:ソフトウェアエンコード

対応OS:Windows

対応機器:PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchなど

付属ソフトウェア:RECentral(PC版、録画、配信)とCover Creator(PC版、カバーデザインソフトウェア)

AVerMedia:Live Gamer EXTREME - GC550

2、I-O DATA :ビデオキャプチャーボードGV-USB3/HD

I-O DATA GV-USB3/HDは編集ソフト付きのPC対応するHDMIキャプチャーボードで、ゲーム機と接続してゲーム機でのプレイ画面を録画するビデオキャプチャーとして使用するのに最適です。

キャプチャーボードの価格:22,100 円

対応解像度:1080p/60fps

PC接続:USB 3.0

パススルー出力の有無:HDMIパススルー端子搭載

エンコード方式:ソフトウェアエンコード

対応OS:Windows

対応機器:PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchなど

付属ソフトウェア:ビデオ編集ソフトのCyberLink「PowerDirector 14 for I-O DATA」、録画ソフトの「I-O DATA HD Mix Capture」

I-O DATA GV-USB3/HD

3、I-O DATA:GV-US2C/HD HDMI キャプチャーボード

I-O DATA GV-US2C/HDはUSB2.0接続、ハードウェアエンコード方式を採用するHDMI キャプチャーボードで、PCへの負荷を気にせず録画、ライブ配信できます。

キャプチャーボードの価格:23,200 円

対応解像度:4K/60fps

PC接続:USB 2.0

パススルー出力の有無:あり

エンコード方式:ハードウェアエンコード

対応OS:Windows

対応機器:PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchなど

付属ソフトウェア:ビデオ編集ソフトのCyberLink「PowerDirector 15 for I-O DATA」、録画ソフトの「I-O DATA HD Live Capture」

I-O DATA GV-US2C/HD

おすすめの内蔵型キャプチャーボード

次、内蔵型のキャプチャーボードを2つご紹介いたします。

1、Elgato:Game Capture 4K60 Pro

ElgatoのGame Capture 4K60 Proは4K/60fpsに対応した内蔵型かつ高性能のキャプチャーデバイスです。

キャプチャーボードの価格:44,700円前後

対応解像度:4K/60fps

対応端子:HDMI

パススルー出力の有無:あり

エンコード方式:ハードウェアエンコード

対応OS:Windows

対応機器:PlayStation 4、Xbox Oneなど

Elgato:Game Capture 4K60 Pro

2、AREA:Ragno3 キャプチャーボード

AREA Ragno3は4K/1080pに対応した、ゲーム機器の画面をパソコンに録画できるHDMIキャプチャーボードです。

キャプチャーボードの価格:15,000円前後

対応解像度:4K/60fps

対応端子:HDMI

パススルー出力の有無:あり

エンコード方式:ソフトウェアエンコード

対応OS:Windows

対応機器:PS4、PS4 Pro、Xbox One、Xbox 360、Wii U、Nintendo SWITCHなど

AREA:Ragno3 キャプチャーボード

3、Blackmagic Design:Intensity Pro 4K

Blackmagic Design Intensity Pro 4KはMac、Windows、Linuxコンピューターに対応したPCI Expressキャプチャー・再生カードです。

キャプチャーボードの価格:22,980円前後

対応解像度:4K/60fps

対応端子:HDMI

対応OS:Windows、Mac、Linux

対応機器:PS4、PS4 Pro、Nintendo SWITCHなど

Blackmagic Design Intensity Pro 4K

以上は、Wii U、Xbox、PS4、Nintendo SWITCHなどの機器画面をWindows 10/8/7などに映して録画したり、ライブ配信したりする時に、必要とされるキャプチャーボードの失敗しない選び方、及びキャプチャーボードのおすすめのご紹介でした。今後、PS3、PS4、PS4 Pro、Wii Uなどのゲーム実況をパソコンに出力し、動画として保存する場合にご参考になるかもしれません。

スクリーンレコーダーPC対応の録画・録音ソフトウェア - AnyMP4 スクリーンレコーダー
  • デスクトップトップや指定領域内で表示されているゲームプレイ、アニメ、ドラマなどすべてのコンテンツを綺麗にキャプチャー
  • パソコンに接続するウェブカメラで捉える映像を録画
  • PCの音はもちろん、マイク音の録音にも対応
  • MP4、WMV、F4V、AVI、MOV、GIF、TS、MP3、M4A、WMA、AACなどの出力をサポート
  • スクリーンキャプチャー機能や開始時間と停止時間を設定する予約録画&録音機能を搭載
  • 詳しい使い方について、PS4ゲームプレイ録画Wii Uゲーム実況プレイ録画など
無料体験

Security安全性確認済み

無料体験

Security安全性確認済み

見事

評価: 4.8 / 5 (合計186人評価)

推薦文章

ストリーミング動画を保存する方法
ストリーミング動画を保存する方法

ダウンロードしたり、録画したりして、パソコンとスマホでストリーミング動画を保存する方法をご紹介いたします。

完全にYouku動画をパソコン、スマホに保存する方法
完全にYouku動画をパソコン、スマホに保存する方法

本文では、PC、スマホでYouku動画をダウンロードする方法とダウンロードできない対策をまとめてお届けします。

TSUTAYA TVの動画をダウンロード
TSUTAYA TVの動画をダウンロード

ここでは、TSUTAYA TV動画をスマホやパソコンにダウンロードする方法を皆さんにご紹介いたしましょう。いつでもTSUTAYA TVの動画を楽しめます。

PC上の音声を録音
PC上の音声を録音する方法 まとめ

PCの音声を録音したいなら、Windowsに標準で付いてい機能と外部の録音ソフトでPCの音声を録音する方法をご紹介いたします。お役に立てば何よりです。

スクリーンレコーダースクリーンレコーダー
AnyMP4 ロゴ

ホーム | 会社情報 | プライバシーポリシー | お問い合わせ

Copyright © 2005-2021 AnyMP4 Studio. All rights reserved.