iMovieで編集、書き出した動画をDVDに焼く方法

Macユーザーなら、手元の動画をカスタマイズする時に、どんな動画編集ソフトを使っていますか。Mac向けの動画編集ソフトなら、iMovieを思い浮かべる人が多いと思います。で、iMovieで編集した動画を永遠に保存して、DVDに焼き、それに、DVDプレイヤーに入れて再生しようとしたいなら、どんな方法が考えられますか。市場には、iMovie DVD 焼く フリーソフト、iMovie DVD 焼く 無料ソフトが幾つかがありますが、DVDを作成する速度、品質のことを考える上に、ここでは、iMovie動画をDVDに書き込み、焼けるソフトをおすすめします。

iMovie ビデオをDVDに焼く方法

AnyMP4 DVD 作成 MacはMac向けのDVD 焼く ソフトで、MacでMP4、AVI、WMV、FLV、MOV、TRPなど多くの動画ファイルをDVDに焼けますので、iMovie動画からDVDを作成するにはぴったりです。特に、このiMovie DVD 焼くは多くのメニューテンプレートを提供してくれますので、旅行、結婚式、クリスマス、祭りのための個性的なDVDを作成可能です。特に、Windowsバージョンもあるので、Macユーザーであろうと、Windowsであろうと、多くの人のニーズを応えられます。

では、下記の操作手順に従い、iMovieで作った動画をDVDに焼く方法をご紹介いたしましょう。

step1

iMovie DVD 焼くをダウンロード

まずは、iMovie DVD 焼くを無料ダウンロード、インストールして、実行します。

step2

DVDを挿入、動画を選択

iMovie DVD 焼くを実行してから、空白のDVDをパソコンに挿入して下さい。そして、インタフェースの「ファイルを追加する」ボタンをクリックして、MacローカルからDVDに書き込みたい動画を選択します。

動画を追加
step3

字幕、オーディオブックを追加

iMovieからDVDへ焼く時、自分がダウンロードした字幕、オーディオブックを追加したいなら、インタフェースの「字幕」或いは「オーディオブック」をクリックすれば実現できます。

オーディオブックなどを選択
step5

DVDメニューを作成

DVDのために個性的なメニューを作成したいなら、インタフェースのプレビューウィンドウから「メニュー」をクリックして、メニューを編集するウィンドウに入って、DVDメニューを作成することが可能です。他に、フレーム、ボタン、テキストを選択して設定することもできます。それに、DVDのために、バックグラウンドミュージック、背景画像、オープニングなどを追加することもでき、超多機能です。

以上のように、全ての設定が終わったら、案内にそって、iMovieで作った動画をDVDに焼くことができます。

このMac向けのiMovie DVD 作成は動画をDVDに焼くという基本的な機能の他に、メニューを作成、字幕を追加といった機能だけでなく、動画を編集する機能も備えていますので、手元の動画の効果をカスタマイズしてDVDに焼く時にも適当です。

筆者 筆者 沢田佳樹 カテゴリ 動画
July 21, 2017 03:00

関連文章